美容・健康 住まいケア

ムダ毛処理に役立つ「4つの領域」の考え方 〜第④領域:「緊急度低×費用低」〜

投稿日:

脱毛に対するイメージの移り変わり~脱毛領域の考え方④~

 

ひと昔前までは、「脱毛=若い女性」というイメージであったが、

今では、脱毛は女性に限らず、男性でも実施することが増え、その年齢層は

若年層から中高齢層まで広がりを見せている。

 

この背景には美容健康意識が高まったことが大きく関係している。

今後も脱毛に対しての注目は、一層高まっていくことが予想される。

 

注目度が上がるにつれて、市場も大きな広がりを見せている

 

脱毛といっても、種類は多岐にわたり、目的によって様々な選択が可能となっている。

 

需要の高まりを受けて、ビジネス市場も拡大してきている中、

その一方で、どの方法が、自分自身に取って最適な方法なのか苦慮している人も増えている

 

今回は、そういった方の判断材料の一つになればと思い、

4つの領域の考え方(脱毛ver)をご紹介します。

 

◆4つの領域(タイプ別判断)

脱毛

▼4つの領域の説明

 

①短期集中自己投資型タイプ(美容脱毛・医療脱毛)

②即効性重視・その場しのぎタイプ

③自己完結型タイプ

④潜在層

 

現在どんな悩みを抱えていますか?

その悩みを以下の2軸で判断し、当てはまる領域を見つけてください。

 

・緊急度は高い or 低い

・費用具合は高い or 低い

 

最も項目の多い領域が

今のあなたに取って必要な対策といえます。

 

さて、あなたはどの領域に当てはまりましたか?

 

①短期集中自己投資型タイプ(美容脱毛・医療脱毛)

②即効性重視・その場しのぎタイプ

③自己完結型タイプ

④潜在層

 

ご自身に当てはまった領域をクリックしてください

 

第④の領域:潜在層

 

この領域の当てはまったあなたは、

 

・脱毛ってよく耳にするけど、そんなに重要なことなの?

・そもそも今の自分自身には無縁だ

・脱毛するデメリット(肌を痛める)などもあるから気が進まない

・脱毛するメリットをそこまで感じない

脱毛

という、考えをお持ちのことでしょう。

 

おっしゃる通り、脱毛は絶対にやらないといけないものではありません。

 

ですから、このまま記事を閉じていただいても構いません。

 

しかし、この記事に行き着いたということは何かしら

脱毛について気になっていることがあったからだと思いますので、

最後まで読んでいっていただければと思います。

 

脱毛のメリットやデメリットを正しく理解してくだされば

いつか脱毛が必要になった時に、知っておいて損はありません。

 

脱毛のメリット & デメリット

メリットデメリット

◆デメリット

・肌があれ、肌を痛めることがある

・脱毛が完了するまでに時間がかかる

・さらにお金もかかる

・かなり痛いという話を聞く

・一度やったら元に戻れない

◆デメリット解消法

・肌があれ、肌を痛めることがある➡︎保温クリームなどでケアをする

・脱毛が完了するまでに時間がかかる➡︎最短でできる医療脱毛を検討

・さらにお金もかかる➡︎月額制プランの検討

・かなり痛いという話を聞く➡︎麻酔を使用することを選択肢に入れる

・一度やったら元に戻れない➡︎事前にヒアリングをしっかり受けて納得の上で実施

◆メリット

・ムダ毛を処理するムダな時間がなくなる

・肌がキレイに見える

・清潔感が出る

・永久脱毛しておけば、介護時に役に立つ

まとめ

脱毛は絶対に必須のものではありません。

しかし、今や美容(オシャレ)の一つになりつつあります。

技術の進歩によって脱毛のデメリットも日々緩和されており、参入障壁が下がっています。

今後脱毛に少しでも興味がわいた際には、気軽に試しくみてください。

-美容・健康, 住まいケア

Copyright© 自立した人生を歩むための情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.