美容・健康

ムダ毛処理に役立つ「4つの領域」の考え方 〜第①領域:「緊急度高×費用高」〜

投稿日:

脱毛に対するイメージの移り変わり~脱毛領域の考え方①~

 

ひと昔前までは、「脱毛=若い女性」というイメージであったが、

今では、脱毛は女性に限らず、男性でも実施することが増え、その年齢層は

若年層から中高齢層まで広がりを見せている。

 

この背景には美容健康意識が高まったことが大きく関係している。

今後も脱毛に対しての注目は、一層高まっていくことが予想される。

 

注目度が上がるにつれて、市場も大きな広がりを見せている

 

脱毛といっても、種類は多岐にわたり、目的によって様々な選択が可能となっている。

 

需要の高まりを受けて、ビジネス市場も拡大してきている中、

その一方で、

どの方法が、自分自身に取って最適な方法なのか苦慮している人も増えている

 

今回は、そういった方の判断材料の一つになればと思い、

4つの領域の考え方(脱毛ver)をご紹介します。

 

◆4つの領域(タイプ別判断)

 

脱毛

▼4つの領域の説明

①短期集中自己投資型タイプ(美容脱毛・医療脱毛)

②即効性重視・その場しのぎタイプ

③自己完結型タイプ

④潜在層

 

現在どんな悩みを抱えていますか?

その悩みを以下の2軸で判断し、当てはまる領域を見つけてください。

・緊急度は高い or 低い

・費用具合は高い or 低い

最も項目の多い領域が

今のあなたに取って必要な脱毛対策といえます。

脱毛

さて、あなたはどの領域に当てはまりましたか?

(※それぞれの領域の詳しい説明は、別途記事にて記載済み)

①短期集中自己投資型タイプ(美容脱毛・医療脱毛)

②即効性重視・その場しのぎタイプ

③自己完結型タイプ

④潜在層

 

ご自身に当てはまった領域をクリックしてください。

 

第①の領域:短期集中自己投資型タイプ(美容脱毛・医療脱毛)

 

この領域の当てはまったあなたは、

・これまで脱毛を試してきたけど、思ったような効果を得ることができなかった

・永久脱毛して、脱毛処理とおさらばしたい

・お金をかけてでもいいから脱毛をしたい

・お肌を痛めたくない

という、考えをお持ちのことでしょう。

 

選択肢としては「美容(エステ)脱毛」と「医療脱毛」の2種類があります。

それぞれのメリットとデメリットを紹介するので参考にしてください。

▼美容(エステ)脱毛

 

場所:脱毛サロンやエステサロン

手法:フラッシュ脱毛(光脱毛)

効果:毛根にダメージを与えて弱らせ、生えにくくする

 

メリット:肌に優しい

デメリット:光が弱い分、時間がかかる(3年ほど)

 

▼医療脱毛

 

場所:クリニックなどの医療機関

手法:レーザー脱毛

効果:毛根内の毛を作り出す細胞を破壊し、半永久的に毛が生えてこなくなる

 

メリット:短期間で終わる(半年〜1年)

デメリット:痛みが強い。とにかく痛い。

脱毛

まとめ

 

部位によって金額が違うため一概には言えないが、

美容サロンの方がコストは低め。

短期で終わらせたいながらも、

・費用

・痛み

・期間

・肌の特性

によって、それぞれ優先することが違う。

 

これは正しい!といった脱毛は存在しない。

後悔しないよう、あなたにあった脱毛方法を選んでくださいね。

-美容・健康

Copyright© 自立した人生を歩むための情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.