金融 金融知識

貯蓄から投資へ|これから資産を殖やす方法とは

投稿日:

日本人は貯蓄に偏り過ぎています。

貯蓄

2016年12月発表の日本銀行調査統計局の資料では、日本の個人金融資産は

約1752兆円です。

 

現金・預金はそのうち52.3%

債権:1.5%

投資信託:5.0%

株式等:8.6%

保険・年金等:29.8%

 

このように現金・預貯金が非常に高い割合を占めています。

 

では、比較対象として経済大国アメリカをみてみましょう。

 

アメリカの個人金融資産:73.1兆ドル

 

現金・預金はそのうち13.9%

債権:5.1%

投資信託:10.7%

株式等:35.4%

保険・年金等:32.1%

 

これを見るといかに日本の個人金融資産が預貯金に偏っているかが分かります。


預貯金だけでは資産は増えない

 

貯蓄_投資

日本の1990年の銀行の定期預金の金利は6%と高金利でした。

これだけ金利があれば、お金は預けるだけでも殖えていくので

わざわざリスクを背負ってまで投資する必要はなかったでしょう。

 

しかし、現在は金利が1%にも満たない状況となっています。

 

<まとめ>

 

あなたがもし、お金を殖やしたいと思っているのであれば

預貯金の中からいくらかを投資に回すべきです。

 

昔の日本と今の日本の状況は全く違うことを認識しておいてください。

 

-金融, 金融知識

Copyright© 自立した人生を歩むための情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.