金融 投資

目論見書が読めないと投資信託は買ってはいけない!?

投稿日:

目論見書とは投資信託の中身が分かる説明書のようなもので

投資判断に必要な事柄が記載してあります。

どのファンドにもついていますが、

全てを理解するのは非常に大変です。

ですが、最低限抑えておいて欲しい要点をお伝えします。


目論見書に記載されている内容

 

目論見書_投資信託

①投資信託の目的・特色

 何を目的として何に投資している投資信託なのか。

②投資のリスク

 その投資信託が抱えるリスクについて。

 ③運用実績

 基準価額や純資産総額、分配金の推移といった、過去の運用実績について

 ④手続き・手数料等

 購入時の手数料や投資信託の最低購入単位(口数)について

目論見書_投資信託

 

<まとめ>

 

低限上記の4つは把握できるようにしておくと良いでしょう。

これが最低限分かるようになってから読める範囲を広げていき、投資の質をあげましょう。

 

これらの事柄を記載する順番は統一されているので、

目論見書からそれぞれのファンドを比べることもできます。

-金融, 投資

Copyright© 自立した人生を歩むための情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.