金融 金融知識

お金は大好きなのに投資は嫌いな日本人の矛盾

投稿日:

「お金はたくさん欲しい」

「お金持ちになりたい」

「単純労働だけでは生涯賃金も計算でき、理想の人生を歩むことはできない」

「でも、投資は怖い」

「投資というリスクを背負う人はおかしい」

お金大好き_投資嫌い_日本人

という声を頻繁に耳にします。

 

その一方で、日本では

毎回「ジャンボ宝くじ」などに長蛇の列ができ、

ロトやBIGなどで7億、10億円を目指しましょう!

 

・・・というCMが流れています。

 

また、スロットやパチンコなどは全国各地にあり、

金儲けや博打に非常に寛容な国なのです。

 

スロットやパチンコはゲーム性が楽しいという部分もあるとは思いますが、

どちらにしても共通して言えるのは

 

「お金を増やしたい」

 ということではないでしょうか?


運任せで生きる人生でよいのでしょうか?

お金大好き_投資嫌い_日本人

 

宝くじはよく「夢を買うんだ」という謎の言い訳をして

当たるか外れるか分からないものにお金を払う人が多い。

 

宝くじが当たる確率は

”交通事故に合うよりもさらにもっと低い確率”であることはご存知なはずです。

 

運に頼ることも長い人生どこかで必要になるケースもあるかと思います。

 

しかし、

当たるか当たらないか分からないものに、全てを委ねているのはどうなのでしょう?

 

一生運に任せて生きる人生ってめちゃくちゃ怖くないですか?

 

全て運に任せるわけですから

何かあっても全て自分の意思に基づいて行動することができません。

どんな結果になったとしても「運だから仕方ないね」で済ませざるおえません。

 

毎月の給料がサイコロを振って決められるとします。

(※基本給10万×サイコロの数字で毎月の給料が決まると仮定)

 

朝から晩までに休みなく働いても、

サイコロの出目(運)が①で最低報酬10万円の場合もあれば

1ヶ月ずーっと家でぐうたら過ごしても、

サイコロの出目が⑥だったら最高報酬60万です。

 

不平等じゃありませんか?

 

日本人は公平平等に関心が強いです。

自分自身が掛けたことに対して、何かしらの対価が得られない場合、

非常にストレスを感じます。

 

これくらい頑張ったらこれくらいの評価(給料)を出します。

 

ということがある程度決まっているから

安心して動くことができていませんか?

投資はギャンブルではない

お金大好き_投資嫌い_日本人

仕事の成果をあげるためにどう行動しますか?

ノウハウを学びスキルアップに努めるのではないでしょうか?

 

入社当社や新しい部署に移って新しい仕事を任された際、

 

・難しそうだからやらない

・失敗するのが怖いからやらない

 

といって何も行動しないことを選択できますか?

もし、何もしなければ仕事をしていないので給料はもらえませんし、

解雇されるのも時間の問題です。

 

ですから、そうならないように一生懸命頑張るはずです。

分からないことがあれば自分で調べたり、分かる人に聞いたりして

一刻も早くその状況を脱出したいと思い、行動するはずです。

 

株式投資や投資信託も”これ(仕事)と全く同じ”です。

しっかり勉強して知識を身につければ成果は必ずついてきます。

 

投資や資産運用は決して運任せではありません。

自分でしっかり学んで知識をつけ、信頼できるパートナーやアドバイザーを

自らの意思で選択することができます。

 

<まとめ>

 

「運任せで先が分からない人生を送りたくない!」

「自分の一度きりの人生を有意義なものにしたい!」

「自らの意思決定に基づいて生活(行動)していきたい!」

 

という方は、投資の勉強をすることをオススメします。

 

いきなり高度なことをする必要はありません。

ご自身にあったペースでかまわないので

少しずつでも勉強を始めてみてください。

あなたの世界観が180度変わることになるでしょう。

-金融, 金融知識

Copyright© 自立した人生を歩むための情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.